悠風は祖母、叔父、そして父母からお年玉をもらいました。
祖母、叔父からの分は母が預かり、用途ができた時に相談をすることとしました。
彼の手には我々からあげた千円。
これは好きに使っていいよ、と言ってあります。
お菓子を買うのかな、ゾロリを買うのかなと思って、私は昼寝をしていました。 

昼寝から覚めたところ、妻が喜びの報告を。
「千円のうち七百円で愛ちゃんにお絵かきボードを買って。」
ふむふむ。
「おつりのうち、百円を私にお年玉って。」
ええ?
「パパ、お年玉。今年の抱負は?」
と言って百円玉をくれました。

色々びっくりしました。
私はお年玉を他の人のために使ったことは生まれてから今までありませんでした。
今年も悠風先生に教わることが多そうです。