先日行われたIWGPヘビー級選手権試合。

オカダの必殺技はレインメーカーではなく、あの高精度かつ非常に美しいドロップキックだと思う。
あれだけで彼が凡百のレスラーと違うことを示すに十分である。
俺はパイルドライバーは本気で突き刺すことができないという一点で(本気で突き刺したら絶対に死んじゃう。)、
プロレスで使ってはいけない技だと思っている。
現にメキシコでは反則技だし。
あの態勢になった瞬間に負け、という相撲でいう所の五輪砕きのような扱いにすれば、そこを巡る攻防が出てきて面白いと思うのだが。
オカダはレインメーカーを改良しないと今後浮上できない気がするのだが、はて、どう改造したものか。
ただのラリアッターにするにはもったいないし、体も薄い。
あの入りからガツンとぶつかるからこそ説得力が出る技なのだけど、予備動作が大きいのでガツンとぶつかれないことが増えるだろう。
もったいない。

棚橋は好きなレスラーではないのだが、彼が為そうとしていること、目指している場所については非常に共感が出来る。
そしてそれはオカダカズチカが目指している場所と非常に似ている気がするのだ。

後藤や内藤が目指している場所と違って見えるのは、ベルトを持った経験の有無なのだろうか。