朝早く起きるための100の方法

世界を手のひらサイズに切り取ります。

July 2014

悠風の成長654

G1CLIMAXの永田―中邑を観て。
永田を応援していた悠風先生、中邑を応援していた俺。
ボマイェで中邑が劇勝!(この試合についてはまた改めて。)
すると悠風はつまむように両目尻を抑えて。
必死に泣かないように頑張っていました。

 

悠風の成長653

市民プールデビューをしまして。
一回目は何をやらせても怖い怖いと言って、子ザルが親ザルにするようにずっと俺にしがみついていたのですが。
二回目は浮き輪を得て気持ちが大きくなったのか、流れるプールも滑り台もガンガン自分からやりたいやりたいと。
流れるプールでは前に体重をかけすぎて浮き輪が縦になってしまい、時々ポンデライオンみたいな状態で泳いでました。 

中学生くらいの女の子二人組に手を振って寄って行った悠風先生。
「ゆふねー、4さいだよ。いくつ?」
「14歳。」
「わかいねー。」 
という謎の仕掛けが炸裂。
女子中学生の爆笑を誘っていました。 

悠風の成長652

高橋裕二郎vs内藤哲也の試合を観ている時に
「し!ば!た!し!ば!た!」
と柴田勝頼コールをしました。 

野次のセンスは抜群です。 

G1CLIMAX24 開幕戦

妻と子とPPVで観戦したのだが、非常に面白かった。
メインが終わった後全身の毛穴が開いたのが分かった。

妻の目から見ると柴田勝頼とオカダカズチカの肉体が変化しているとのことで、
今年のG1はこの二人が本命とのこと。

真壁に対して非道だった後藤のBULLET CLUB入りが待たれる。 

悠風の成長651

今日、とちぎのおばあちゃんに大変良くしてもらったせいか、珍しく物をプレゼントしたくなったようです。
車の中に飲み終えた「グリーンDAKARA」を発見し、それが家に箱買いされていたことを覚えていた悠風は、それをおばあちゃんにあげようと思いました。
しかし、普段はもらうばかりであげる経験に乏しい悠風は
「おばあちゃん、もらうといいよ。」
「おばあちゃん、もらってもいいよ。」
などとなんか変な言葉づかいしかできず、グリーンDAKARAを渡せたものの気持ちがうまく伝わったかどうか。

彼が部屋から車までDAKARAを離さず運んだあたりで伝わっていると良いのですが。 

悠風の成長650

自転車を買ったのですが、漕げないのでペダルを外してストライダー風にしてます。
坂道をえっちらおっちら上がっていって
image



下りる。


image

すごい勢いで通り過ぎて行き

image

カーブで曲がれず直進。

image


最近は補助輪をつけず、ストライダーから自転車への移行が流行りだそうですよ。
 
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ