朝早く起きるための100の方法

世界を手のひらサイズに切り取ります。

April 2010

大人の女に囲まれ

妻の友人のアイコ、カンコン、ヨーコ(あいうえお順)が遊びに来てくれた。
みんな悠風と遊ぶのがうまくて、素敵な人たちであった。

悠風にチューしたいと迫るお姉さま方。
ふとももがマシマロっぽくて素晴らしい触感なのだが、もっとうえまで触ろうとするお姉さま方。
優しい声で上手に絵本を読み聞かせるカンコン。

遊びに来てくれてありがとう。
またきてほしいな。

こんにちは、バイバイ。

カーペット

100425_111824
僕の住む吉川には、春になると黄色いカーペットが敷きつめられます。
晴れた日にはこんなところを悠風と散歩してます。
悠風はたいてい寝たままですが。

PAPA'S BEST!!

悠風におしゃぶりをさせてみた。
やっぱりパパが一番だよね。papasbest

最高点更新

前回の最高点更新から一局も指さず、
今日初めて指してまた勝った。

後輩にプレゼントしてもらったハガリユウゴ全集を少し並べたのが良かったのか。
昔よりも終盤、終盤の入り口で間違わなくなった感じ。

作者の死

テレビのニュースで村上春樹がめちゃ売れてるのはなんでなんですかね、という特集をしていた。
ひどい内容だったのだが、頭にきたのは以下のくだり。

普段全然本を買わないりーまんの兄さんが1Q84を買っています。
作者の村上春樹さんのことを知ってますか?
「えーっと、30くらいで、髪を結えてて、仙人みたいな感じの人ですか?」

村上春樹の顔を知ってることは本の売れには関係なかろう。
知ってないといけない風の編集はなんだかいらっとくるものがあった。
聖書書いた奴の顔知ってるのか?
さすがに大川隆法の本買う奴は大川隆法の顔を知ってるだろうけど、

顔を知らない誰かが真剣に書いた「手紙」を読む、というのが本を読むということだと思うのだが。

悠風図書館デビュー

昨日は悠風と妻と三人で図書館に行った。
予想通り、悠風はとても静かにしていた。
図書館は0歳児からの読み聞かせを推奨しているだけのことはあり、品揃え豊富だった。
絵本の部屋に行ってしばらく妻とふたりで物色していたら、
ベビーカーで寝ているとばかり思っていた悠風が
「きゅうう」というような高い音で一声鳴いた。

その後はまた静かにしていたのだが、
あれはなんだったのだろうか。

悠風と二人旅

妻が部屋を徹底的に掃除している間に、悠風と外を散歩した。
悠風は外に出るとおとなしい。
薄く眼を閉じて寝ている。
ベビーカーで町内をパトロールする。
鳥が鳴いていると「とり、ちゅんちゅんだねー」
造成中の公園にいき「王子、王子の庭園がもう少しで完成いたします。」
菜の花畑の横を通ると「これが菜の花の匂いだぞー」
などと話をしている。

犬がたくさん住んでいる家の前を通った時、一斉に吠えられた。
悠風はちょっとだけ目を開け、眉毛を少し上げて、また眠りについた。
「後は、君たちでやっておいくれたまえ。」
という感じで。

最高記録

といってもネット将棋の話ですが。

ずっと長いこと「真剣にやれば2500くらいはあるよ。」と思っていたのですが、ようやく2020まで来ました。
インフレが起こっているのか、大学卒業後5年経って俺が強くなったのか、みんなが弱くなったのかは分からないのだが、最高記録更新するのは嬉しいもんです。

毎日過去最高記録更新できたらいいなあ。

変な人

50メーターくらいの暗い廊下があって、その奥に自動販売機がある。
仕事の合間に飲み物を買いに行く。
ただそれだけのために歩いていくのが業腹だ。
何か楽しみを見つけなければ。

ということで、頭の上に缶を乗せたままモデルウォーク。

誰もいなかったからさ。

25メーターを過ぎたあたりで、わきからおっさんがぬっと出て来て、にゅっと笑った。

落ちかけの缶をなんとかキャッチして、すごすごとデスクに戻った。

特技と弱点

俺の特技は複数の別々の会話を聞きわけていられることだ。

しかし職場では完全にそれが裏目に出ており、

仕事の能率がよろしくない。

リハビリ中です。
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ