朝早く起きるための100の方法

世界を手のひらサイズに切り取ります。

October 2008

赤いダイヤ

赤いダイヤが素晴らしいのは、そこに人間の覚悟が描かれているからだと思う。
覚悟している人なんて、最近見ねえ。
最近見ねえ、滅多にお目にかかれない、そういったものを僕らはPREMIERと称し、大切にするのである。

機嫌

目の前に座っている隣の課の課長が今月に入って大荒れで、触るものみな傷つける感じで、大変だった。
課の人々も戦々恐々の一か月だったのだが、今日突然の凪。
びっくりするほどの。
何があったのかはわからない。

おそるおそる緩む空気がなんかおもしろかった。

どきどきキャンプ

最近どきどきキャンプにはまっている。
岸学は天才だと思う。
特に、女風呂を覗きに行くコントとミスチルの櫻井が中学校の校歌を歌うコントが秀逸だと思う。

なんでこんなに面白いんだろう。

音の威力

アイポッドの歪んだ音を二カ月ぶりに通勤の間聴き続けてみた。
すると予想外に疲れたようで、翌日の寝覚めが非常に悪かった。
慣れの問題なのかなんなのか。
一緒に本を読んだのがいけなかったのか。
入力が多すぎて脳がついていけなくなったのか。

塾長講話

部署のフットサルのキャプテン(別名:塾長)が
NIKEの広告を同じチームの先輩の机の上に置いておいた。
その先輩は「おい、ハガリくん。塾長から熱いメッセージだ!」と俺に渡してくれた。
俺はいたく感動し、PDFにしてチームのメンバーに「塾長講話」としてメールで配った。
反響はそこそこあった。
俺自身は加工してデスクトップの壁紙にした。
アイコンが見にくくて仕方ないので、全部一個のフォルダにまとめた。

2時間くらいして、塾長が帰ってきて大笑いしていた。
塾長は広告に関して議論していたフットサルに関係ない他の先輩の机に置いたと思っており、なんでこんなことになったのか理解できなかったようだ。

久々にいいことをしたと思った。

俺はどれだけ本気でいい人になりたいと思っているんだ。

社会復帰

というほど大げさなものではないのだが、三日ぶりに会社に行くと、仕事モードになかなかならない。
いかに自分が目の前のことしか考えていないか、目の前の状況に流されるか、がわかる。

わにとかげきす

レイクタウンのヴィレッジヴァンガードでうっかり遭遇して買った。
単行本で読みたかったから、連載されている間は目に入らないように気をつけていた。
期待通り。
期待以上。
読み終わった後の感情が未整理で、それをほっといているのが快い。

近所のパン屋

前日早く寝たせいもあり、休みだというのに6時半くらいに目が覚めた。
焼きたてパンなど買い求め、食卓にのせたら非常にハッピーだろうと思い、近所のパン屋に買いに行った。
8時開店であった。

シンケミコフのパン屋は6時開店で8時には売り切れの品続出だった。
吉川のパン屋も正しいパン屋さんシップに則り、世の中をハッピーにしていただきたいものである。

8時になって買い求めたパンはいずれもおいしかった。

越谷レイクタウン

休日は恐ろしくて行く気にならない場所だが、今日妻と行ってきた。
本当に広い。
そして月曜日だというのに昼過ぎからは若干混んでいる。
すごい。

なんか恐ろしいパワーにあてられて、五時間くらいで帰ってきてしまった。

いつか、休日に遅く起きて、佐世保バーガーを朝食に食べるためだけにレイクタウンへ行き、その後レイクタウンを離脱するということをやってみたいです。

将棋

午前中に勝てない。
うーん。

去年もそうだったが、立ち上がりが悪く、昼からは勝てる。
これが偶然でないとすれば改善をしなくてはならない。
朝型+朝からぶつかり稽古は必須。

現役生も試合は朝からあるんだから、
本当に勝ちたければ朝型に生活を変えること。
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ